設計や建築についてのご質問やお問い合わせ
  • コンセプト
  • 実績紹介
  • 家づくりを始めよう
  • 会社概要
  • ブログ
  • リンク
  • お問い合わせ

大屋根の住処
大屋根の住処
大屋根の住処

今回のクライアントは、子育てを終えて、これからの人生をますます自分らしく充実させていきたい、という前向きで誠実なお人柄のMさんご夫妻です。

住宅密集地の中にあるため、いかにして、プライバシーに配慮されたくつろぎ空間を作るか、が課題だったため、中庭を囲んで部屋を配置することで、内部に対して開放的なプランとしました。

ではまずエントランスから。
少し懐かしい板塀をモチーフに、たっぷりと木を使った温かみのあるエントランスとなりました。
玄関前には目隠しの役割と外観全体のアクセントの役割をもつ木のルーバーを設けました。

玄関ドアはベイマツの無垢材を使用、自然保護塗料で着色仕上げをしました。

程よい重厚感と温かみが感じられる仕上がりとなりました。

玄関ホールはあえてゆったりと・・・。
壁面には腰高の収納スペースを設け、下には間接照明を。収納の下と階段の下には白玉砂利を敷き詰めました。

ご家族の方が帰宅された時、お客様が遊びにこられた時、玄関ドアを開けた瞬間にフワッと伸びやかな気持ちになれるように・・・との思いをこめています。

そして、吹き抜けのあるリビング。
中庭に向かって設けた高窓は、向かい側の白い壁面から反射する光をたっぷりと取り込みます。

南側壁面(写真左側)は全面収納(一部分はパソコン用デスクとしています。)としています。

壁面収納の上は間接照明となっており斜めにあがっていく天井や化粧梁を照らしてお部屋にやわらかい光を届けます。

中庭デッキと一体感のあるダイニングキッチンです。
キッチンとダイニングテーブルが連続しているため、家事動線がスムーズです。
ダイニングテーブルの上の換気扇付照明は奥様たってのご希望で。
今までは匂いが気になってお家での焼肉やキムチ鍋などはご法度だったとのこと、新しい家での楽しみが一つ増えそうです!

東側壁面は下部が収納となった作業台と吊戸棚(下写真 右側)
北側壁面には奥行きの深い収納スペースを(下写真 奥側)。
収容力がたっぷりのキッチンとしました。

夜になって中庭デッキごしに見るダイニングキッチンはちょっと良い雰囲気です。
ここにご家族が揃う場面を想像すると~なんだか心が和みます。






洗面所は洗濯物をたたんだり、アイロン掛けをしたり、の家事スペースとしても使っていただけるように広めに設計しました。
タオル類以外にもご家族の下着や部屋着を収納できるように南側の壁面いっぱいに収納スペースを設けています。

そして窓の前にある作業台の上には、秘密兵器が・・・室内用物干しです。
必要な時にツーっとおろして使って頂けます。
壁面収納の上部に設けた窓からは南からの光が差し込みますので、北側に位置する洗面所でも昼間は電気なしで十分な明るさです。

仏間として、来客時の宿泊スペースとして、お使いいただける和室。
地窓の上は、掛け軸やお花を飾るスペースに。
そしてこの和室からはダイニングキッチンもリビングも見通せるのです。

2Fの2NDリビングには南に面して大きな窓を設けています。
屋外からの視線を気にする必要のないこの窓(写真右手)からは空が贅沢にのぞめます。

昼間の青空も、夜の星空も存分に楽しめます。

リビング奥に設けたミニキッチンの前には扉をつけて、使わない時は扉を閉めてスッキリと。

ご主人の寝室はCABIN(船室)のイメージで、とのご要望で、あえて小さめの部屋、照明も照度をおとしたものとしています。
壁紙も落ち着いたグレーとし、瞑想するのにもってこい(?)のお部屋になりました。


奥様の寝室は化粧登り梁がきれいに見える天井、両側に収納のあるお部屋です。
リビングをのぞくことができる小窓は工事中に、「あるといいよね~」の声があがり、取り付けました。

リビングにいるご主人とのちょっとした会話も楽しめます。

そして最後に外観。
流れおちてくる瓦棒葺きの屋根が印象的な建物に板塀や木のルーバーでアクセントをつけることで、シンプルながらも温かみのある外観となりました。

クライアント様のお人柄そのままの、清潔感のある家のできあがりです。

ここからはじまる新たな生活が素敵なものでありますように。