設計や建築についてのご質問やお問い合わせ
  • コンセプト
  • 実績紹介
  • 家づくりを始めよう
  • 会社概要
  • ブログ
  • リンク
  • お問い合わせ

ホームリゾートガーデン
ホームリゾートガーデン
ホームリゾートガーデン

今回ご依頼いただいた案件は兵庫県の六甲山麓にあるとても素敵な邸宅のお庭の改修でした。
既存のお庭は芝生を敷き詰めたナチュラルなものでした。

お手入れを楽にしたいので石を敷き詰める形にしたいのだけれど冷たい感じにはしたくない、とのご要望でした。

(リフォーム前:右写真)

ご要望をうけてまずイメージしたのは、リゾート地の別荘にある前庭、訪れる人の気分を高揚させてくれるウェルカムガーデンでした。

お庭の位置がエントランスからすぐの玄関脇にあるため、ということと、敷地自体が高台の気持ちの良い場所にある、ということからでしょうか。

そこで、コンセプトをホームリゾートガーデンとして提案させていただきました。

そしてできあがったのが、こちら、曲線で区切られた、暖色系の天然石を乱貼りすることで優しいイメージのお庭となりました。

リフォーム前の会所の蓋はスチール製のグレーチング蓋でしたが、今回は周囲の乱張り石を蓋にもはりこむ形としました。

(リフォーム前:写真右)
(リフォーム後:写真下)

今回のお庭のポイントとなったのが立水栓です。
既存の水栓は本当に機能のみ、というものでしたが、せっかくなのでオリジナルの水栓を作りましょう!ということとなり思考錯誤がはじまりました。
枕木を使ったものがいいかな・・・
水を受ける器は陶器にしようか・・・などの案がありましたが最終的には「ガラスの器、しかもきれいな青みがかったガラスの器を使いたい!」
とのご主人の一声で、プランがまとまりました。

(リフォーム前:写真下)

このガラスの器から続く水色のタイルは、もともとは立水栓とは離れた位置にデザインしていたのですがガラスの器から一連につなぐデザインにするとまるで水の流れがつながっているように見えて綺麗なのでは、とご主人がひらめかれました。
これが大正解!
楽しいアクセントになりました。

そして、夜、お部屋の中から見ても楽しんでいただけるように効果的な間接照明を仕込もう、ということになり、お庭の奥にゆるやかなカーブを描くコンクリート製のベンチを設け、その下にテープライトを仕込みました。

暖色の優しい光が穏やかな空気を漂わせます。

そして、この庭のもうひとつのビューポイントは実は3階のバルコニーなのです。
上から下にある庭を見下ろすと、植栽部分のアッパーライトとべンチ下の間接照明によって緩やかな曲線がより幻想的にうかびあがってきます。

アイディア満載のご主人、キュートな奥様の個性が随所に反映された美しいお庭となりました!